忍者ブログ
                      
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/22 M1竹村]
[04/19 岡本]
[10/03 学部4年 竹村]
[09/16 しぶや]
[02/08 futahashi]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
morinaga_lab
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[PR]
2020/04/10(Fri) 17:25:43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゼミ旅行 in 新潟
2012/08/28(Tue) 21:36:04



8月25日~27日
晴天


■1日目 寺社仏閣をめぐる。

幕末の彫物師、石川雲蝶が作品を残した「西福寺開山堂」「永林寺」を見学。
透かし彫りの美しさと迫力に圧倒され、

国の重要文化財である「旧目黒邸」では
江戸期の豪農の暮らしぶりに触れました。

また、最後に訪れた城下町の町屋通りでは思いがけず店主の方から
町屋づくりの通りを再現するまでのようすを伺うことができました。

■2日目 越後妻有トリエンナーレ2012

スタートは原広司が設計した妻有交流館の「キナーレ」からはじまります。
そしてみかんぐみの手がけた「茅葺きの塔」
ふらりと立ち寄った「バタフライパビリオン」では少し遊んでみました。
「もぐらの館」では記念撮影もしました。

古民家を利用した陶器の美術館である「うぶすなの家」では
おいしいお昼ごはんも頂きました。
ここにある織部焼きの窯はすごい!

2日目の宿は廃校を改築した宿泊施設「三省ハウス」でした。
食事もとてもおいしくて近くに温泉もあり、とても素敵なところでした。

■3日目 トリエンナーレ2日目

旅行最終日はボルタレンスキー「最後の教室」、「オーストラリアハウス」
アトリエ・ワンの手がけた「舟の家」などを見てまわり、

その後ジェームス・タレル「光の家」、「農舞台」、「キョロロ」とまわり、
空き家プロジェクトの「家の記憶」や「コロッケハウス」を見て
最後の目的地、「ポチョムキン」でトリエンナーレのアート巡りを終えました。

終始晴天に恵まれた(浦佐駅での解散後に雷雨でしたね)いい旅でした。

旅の手配をしてくださったゆうたさん、大和さん、
ドライバーをしてくださった真守さん、光さん、松田くん、渡邊さん、
ありがとうございました。

来年は建築学会が北海道で開催されるので
ゼミ旅行も北海道になりそうです。
今から楽しみです。



B4:chel
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

忍者ブログ [PR]

Designed by A.com